新潟県産のコシヒカリ 低温倉庫保存!注文後に精米し袋に詰めてお届け致します。

Information

農業生産法人JATs
有限会社
〒949-1316
新潟県糸魚川市大字柱道734-4番地
おいしいお米通販サイト
営業時間 8:30~18:00
定休日:日曜・祝日

Tel 025-566-4908

作り方・育て方のこだわり

作り方・育て方のこだわり

私達の地域は、ご存知の通り1年に1回の一毛作です。
とにかく1回の勝負です。
そのため、最初はとにかく苗にこだわります。本田に帰すまでに強く上部な苗になる様に、時には苗の上からゴムローラーをかけてストレスを与えて上部な苗になる様に育てるときもあります。
チョツト可哀相におもえる時もありますが、人間でもそうだと思うのですが、あまり過保護、可愛がり過ぎは如何もイカン様です。かといって放任でもいけません。本田に帰す前には、田起こしは深めに冬の豪雪に耐えた土達に十分酸素が行き渡る様にします。その後は田均しを本当に平に均します。
平で無いと水は正直なので高いところへはナカナカ行ってくれません。
そして、田植えです。
元気の無い苗は可哀相ですが、この場面で捨てます。
本当にこれから雨風、夏の熱さに耐えられると予想するものだけを選ぶのです。
何の作物でもそうですが、苗が基本です。

食へのこだわり

食へのこだわり

何度もこのホームページ中でも述べましたが、「食」は安全が基本中の基本です。
ですから、農薬の使用には細心の注意を払っています。
いくら美味しくても「安全で無い物」、「食べて健康にならないもの」は失格だと感じています。
とにかく食べて頂いた皆様に、幸せになって貰いたいのです。
そして「ウマイ オイシイ マタ食べたい」と言う声を聞かせて貰いたいのです。
そうするとなんて言うか・・・疲れが吹っ飛んでしまいます。
「食」というところから、皆様を笑顔にすることがJATsの喜びなのです。

美味しいご飯の炊き方

美味しいご飯の炊き方

JATs米は冷めてもおいしく頂けます。
ほのかな香りと甘みをご堪能ください。
その為には、お客様の炊飯の方法も大変重要となってまいります。究極の美味しさを求めてご一読の上、ご協力お願い致します。

美味しいゴハンの炊き方 3つのポイント

ポイント1 洗いかた(研ぎ方)

水をダーッと注ぎ、1回軽く交ぜたら直ぐに水を捨てます。
そして、水の濁りが取れるまで2~3回軽くモミ洗いして下さい。
決して強く洗ってはいけません。お米が割れてベタベタした食味のご飯になります。 常に 軽くやさしくです。次のステップに進む前に濁りを確実にとって下さい。濁りがあるとツヤが無くパサパサした食味となります。

ポイント2 水加減 と 出来れば 炊飯時の 水 に注意

水の量は 米 1 に対して 水は 1割~2割増(1.1~1.2)を基本として下さい。
ただし、精米から1ヶ月以上過ぎている場合は多少、多めが良いです。
水は基本的に、お米の取れた地域の水で炊くのが一番ですが、出来るだけ近づけるには軟水の水を選んで炊飯して下さい。硬水の水は炊飯時の水の浸透が悪くなります。
1~2時間、そのまま水に浸けておいて下さい。
スイッチを入れる前に指で5箇所から8箇所、釜の底に向かって研いだ米の上から底まで孔をあけてください。そうすることで炊飯時水が上下、平均に行き渡り米粒が立った炊き上がりとなります。
研いだ後直ぐに炊飯器のスイッチを押すのはパサパサ、芯のあるご飯の原因となります。
美味しいものを食べるのです。急いではいけません。1~2時間経過後、スイッチON。
夕飯後にタイマー炊飯される方は、くれぐれもONを忘れて就寝とならない様に!!注意!!

ポイント3  炊きあがったら 蒸らしましょう。(そのまま10分間おく)

蒸らし機能のある炊飯器は直ぐに蓋を開いてもOKです。
ザクッとユックリご飯の中央から起こしながら天地返し。この時も常に軽くやさしくお願いします。ほぐしが上手に出来るとツヤのあるご飯に仕上がります。

さあ、お待たせ。 ドンドン召上って下さい。

お米に関するお問い合わせはこちら